ISO14001を理解することで良い企業へと繋がる

環境を考える国際規格

案内

ISO14001とは、企業おける国際的な規格のことです。企業が行なう活動には、環境や地域に影響を与える可能性が生じます。それらの影響を小さくして、環境に優しくあろうという規格でもあるわけです。活動が環境に及ぼす影響を最小限にとどめることを目的に定められた、環境に関する国際的な標準規格です。つまり、環境に着目した国際規格ということなのです。この規格には主にPDCAの考え方を活用していると言われています。PDCAの考え方は、主に生産や品質などを管理して、業務をコントロールするための考え方だということで知られています。PDCAには特徴があります。それは、「plan」「do」「check」「action」の4つです。Planは、主に企画を行なうとか、計画を立てるということです。そして、doはその計画を立てた事柄に対して、実行を行なうということです。次に、checkは評価や色々と考えて、対策を考えるという手順です。最後のactionは改善を行うのです。日常において、これらの手順を自然に行っているという方も中にはいます。しかし、このプロセスを明確にサイクルとして取り入れた考え方がPDCAなのです。

ISO14001の考え方としては、主に環境に対する配慮です。しかし、だからといってボランティアを行えば良いのかというとそうではありません。国際規格であるISO14001の考え方として、環境を汚さない環境づくりが大切なのです。つまりISO14001を行なうというのは、環境に良いプロセスを作り出して、常に環境へ与える影響を考えながら業務を行なうということなのです。

国際的に規定のある規格

案内

isoを取得する為にコンサルティングに依頼する企業が増えつつあります。企業がisoを取得するお手伝いをしてくれるのがコンサルティング会社の役割なのです。コンサルティング会社によっても、料金に違いがあります。

情報を守るためには

サイト

標的型サイバー攻撃は、主に企業や政府を対称に行われる攻撃です。この攻撃によって、企業などの重要な情報が漏洩すると企業にとってのダメージは大きいです。情報漏えいを防ぐために対策を行なう必要があります。

セキュリティを強化

オフィス

インターネットが幅広く使用されるようになった影響で、ネットワークセキュリティに関する課題が浮き彫りになりつつあります。ネットワークセキュリティ強化は、パスワード管理など基本的なことから行なうことも有効的です。